不倫調査 愛人の存在

浮気調査

  • 浮気調査のホームへ戻る
  • 浮気調査料金
  • フリーダム会社概要
  • サイトマップ

不倫の結末、愛人の存在とは?

不倫調査 愛人の存在

人はなぜ浮気をしてしまうのか。
理由は様々です。パートナーに足りない部分を補う、不満を持ち続け、解消されないまま別の異性に頼ってしまう、またはただの遊び心や一時の過ち、好奇心など重い浮気から、単発的な軽はずみな浮気まであります。

愛人の存在とは

愛人、不倫関係でお悩みの方からのご相談は全国で一ヶ月間でも平均200件を超えております。いつの時代も、不倫や浮気は絶対になくなりません。愛人には様々なタイプがいるのですが、もっとも多いと思われるタイプは男性も女性もお互いが本気ではないという割り切りタイプの不倫関係が 多いように見受けられます。ではなぜその様な不倫関係が生まれるのでしょうか?男性、女性どちらかに家庭がある、もしくは両者に家庭がある訳ですが、家庭を持ってる人間はどこか異性に対しての余裕が生まれます。スポーツでも同じ事がいえると思いますが、少し力を抜いてリラックス状態にあるほうが人間物事がうまく進む傾向にあります。その様なことも恐らく関係して異性との付き合い方が良くなっていくのです。

W不倫の場合ではなおさらその力が強まり、大人の恋愛ままごととのようにお互いが割り切った、どこか余裕のある、そして刺激もある当事者が楽しいと思える関係が生まれてしまいます。しかし、こういった不倫関係はそう長くは続きません。どちらかの家庭に支障をきたす場合など恐らく家庭の維持に力をいれるようになり、基本的には家庭の大切さに気づかされます。 人によっては夫や妻よりも愛人を選択したがるタイプもいます。つまり愛人という存在は、入り口は心の余裕から、そして男女の関係を続けていくうちに本気か遊びかに別れていきます。

不倫の結末は・

では不倫関係はどのようにして終わるのでしょうか。まず家庭崩壊を恐れ不倫をやめるタイプがあります。不倫関係を続けいている最中は、もちろんその時の楽しさを優先し、後の事は考えずに行動してしまいます。しかし、何をきっかけに家庭が崩壊する可能性が出た場合、愛人よりも夫や妻を選択し、愛人と別れ元の生活に戻ろうとします。

この場合には不倫関係が知られてから修復を目指すタイプと不倫関係が知られる前に自分から愛人から手を引き不倫関係を終えるタイプがあります。

不倫されていた方にとっての最悪の結末

夫や妻が不倫をしていた場合、お子様の有無でも変わってきますが、不倫関係を知っても婚姻関係を維持するタイプと離婚を選択するタイプに分かれます。不倫関係を知らずに別れを告げられるタイプが最も最悪と考えます。

突然夫や妻から何かしらの理由を付けられ別れを迫られる、このタイプは不倫していた側が家庭ではなく愛人を選択したという結論になります。遊びが本気になり家庭を捨て愛人に走る、このタイプが最も最悪のシナリオとなります。

浮気調査に関してのご相談やお問い合わせ

お気に入りに追加

不倫の結末 愛人の存在
フリーダムでは安心の低価格にて浮気調査のサービスをご提供させていただいております。

浮気調査

お問い合わせ・ご相談は0120-377-131へ